Documents

何故生きなければならないのか / 何故自殺してはいけないのか


 ショウペンハウエルが「自殺について」の中で、自殺が唯一その他の事物と比較して全然違うのは「実験できないことである」と言っていたかどうか定かではないが、言っていたような記憶がある。とりあえず彼がそんなことを著作のどこにも書いていないようだったら私がそんなことを言っていたということにしてほしい。  とにかく21世紀初頭、自殺したい人間が多い中ではある。これは悲痛な世の中の事実ではなく、むしろ流行り病...

2022.08.14

天城越えと超人論思想


 世の中には全く努力したことがない人がいるのである。その反対に概して金持ちは非常によく努力しているのである。彼等は努力する時間と余裕があり、そのおかげで人並みならぬ努力を豊富に行っているのだ。しかしだ。貧乏人は努力をする機会が全くないのである。私に言わせると努力というこの不思議な言葉は現在は金や時間で代替できる代物であって、努力は金で買えるという真理に尽きるのではないかと思っている。ですから、努力...

2022.08.11

地球上で生きている生命の目的


 究極的な話でいうと生きている目的は何であるのか?という話は相対的に下品な話であると思うのです。人間の営みという全体性でみると人生の目的、翻って生命それ自体は何のために生きているのかという問いは猥褻且つ下品であるというのが私の見解だ。厭らしい(イヤラシイ)のである。そして、その下品な行いを少なくとも誰でも行いたくなってしまうというのが、この生命の存在意義とか何故生き続けなければならないのかというこ...

2022.08.09

シンニード・オコナーは今も元気にしているだろうか


 これを初めて聞いたのは、どっかのクラブで朝の5時ぐらいまで踊っていて、あんまりよく知らない友達の友達の外国人の女の子とセックスをした日の翌日だった。私が目を覚ましたときに彼女はこの曲を大音量でかけて、ちょっと離れたキッチンで朝食の準備をしていたわけである。朝食の準備をするなんてなんと親切な人なのだろうと思いつつ。身体の節々が痛くて、そのうえ二日酔いといったところで、上体を起こすことができずにベッ...

2022.08.09

吉田兼好はマリファナでラリっている


閑さや岩にしみ入る蝉の声 彼はかなりの確率でマリファナでラリっていると思う。少なくとも私はマリファナでラリっているときには、このような歌を詠めると思う。だが、私は真面目なのでマリファナはやらない。いちいちオランダのアムステルまで13時間飛行機に乗って、アムステルダムのダム・プラッツのちょっと脇道に入った感じのいいCaf soまで足をのばすのである。 ...

2022.08.05

何故、私は生きているのか


 宇宙の話をすると嫌がる女の子がいたのである。現在の宇宙理論の中では宇宙がどういう構造をしているとか、多元宇宙論(マルチバース)など様々な説があり、それらは日々観測や計算によって証明されつつある。そういう壮大な途方もない話を聞いていると死にたくなるのだそうだ。なかなかおもしろい希死念慮ではないか。そういうことを聞くと私はもっと話を聞かせたくなるたちなので、ありとあらゆる私の知識をお披露目して「いや...

2022.08.05

亀のこころは兎のこころ、兎のこころは亀のこころ


 特に気を遣っていることがある。私はある意味で気遣いの名人でもある。気遣いが全くできないガサツな男ですね!と、妻にはよくいわれるが、それでも尚、気遣いの名人を自称する者である。そして、それでも尚気遣わなければならないことがこの世の中にあるのである。何でもかんでも単純な時代は良かった。いや、ひょっとすると単純な時代などなかったのかもしれない。いや、あったのかもしれない。私自身が単純だったということな...

2022.08.01